ロックギターはやめられない!

アクセスカウンタ

zoom RSS <哀しみの恋人達>オケ制作の原点

<<   作成日時 : 2012/09/22 18:32   >>

トラックバック 0 / コメント 13

思い返せば、高校時代に友人から譲ってもらったこのレコード…
ギター教材<写真>です。
これがオケを作ろうと思ったきっかけでもありました。

画像

このレコード教材は、一曲に対して

1 模範プレイ
2 テンポを落した模範
3 テンポを落したオケ
4 ノーマルスピードのオケ

この4種類が入ってます。


今の教本にはCDが付いていますが、それらのハシリになると思います。
模範演奏は当時アマチュアに絶大な信頼のあった小林克己先生。


それまではレコード等の曲に合わせて、ギターを練習するのが普通でしたが、それだと、原曲が自分の未熟な部分をフォローしてくれているので、実力がわかりづらい部分もありました。
オケの場合、欠点を見つけることが出来ると同時にサウンド面のチャックが出来るので良いアイテムだと思います。


この「GUITAR TECHNIQUE OF JEFF BECK」の中身です。

「Cause We've Ended As Lovers」
「COME DANCING」
「FREEWAY JAM」
「LOVE IS GREEN」

4曲が入ってますが、丸々一曲入ってるのは、邦題で「哀しみの恋人達」です。
他は 難しいところや、ギターが活躍してる所のみなので、本来の練習用です。

「哀しみの恋人達」テープに録音して練習したよな〜
よく2番弦切ったっけ〜(’-’*)

この曲でチョーキングでの表現を学んだと思っております。
と言っても、活かされてるかどうかはわかりません。(笑)


Cause We've Ended As Lovers<哀しみの恋人達>2011.12





これは上記の教材からオケを使用しました。
レコードなので、ゴミをハジイたノイズ音も入ってます。

しかし、やっぱりこの曲難しいな〜
音も似てないし…orz

BECK先生の独特な音…どうやって作るんだろう…
今の機材では無理なのか…(LINE6が欲しいような…)

それはさて置き、オケっていいなぁ〜練習するのに何度も付き合ってくれるし…
この教材との出会いで、好きな曲のオケ作れたらな〜と思うのでありました。

使用機材

MTR    Rolando VS-1824

Guitar   Fender Japan TELECASTER
       Fender STRATCASTER (クリーン部 リア+センター)

Effector  Boss GX-700


へ〜こんなのあったんだ〜… もしくは 知ってる知ってると思われた方
応援のクリックお願い致します。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
へ〜、 レコードの時代にオケやテンポを落とした教材があったのですね。
それにしても、演奏凄いです。 音も録音もかっこいいです。 ミキシングなんかも結構凝っているのが解ります。
ゴルッテリア
2012/09/23 13:59
Telecasterのつづりが間違っているようです。(笑 読んだらこのコメントも消してもらえますか?
ゴルッテリア
2012/09/23 14:01
ゴルッテリアさん
コメントありがとうございます。

ゲゲ!やっちまったよ〜
英語は特に不安でしたが、ついに…orz
教えてくださりありがとうございます。
記事は修正しました。
せっかくお気遣い下さったのですが、自分への戒めの為に残して置きたいと思います。
又やってしまうかも知れません…(^^ゞ
こんな奴です(笑)

レコードはご存知なかったですか…
やっぱりマイナーな存在ですね。

演奏褒めてもらえて嬉しいです。
本音を言うと、もうちょっと音をBECK先生に似せたかったのですが、今の知識では限界です。勉強せねばなりませんね。
rimix
2012/09/23 17:50
聴きました〜。
ギタープレイすごくいいですね〜。
涙がでそうですよ。
またレコード時代にこんな教則レコードがあったとは
知りませんでした。
現代は、探せば色々とありますけどね。
ひょい。
URL
2012/09/23 18:26
ゴルッテリアさんのお気遣いとrimixさんのお返事が素敵ですー♪
さて、何を隠そう、ベック様のミーハーファンだった私です(*゚▽゚*)
写真集買って「タイプだわぁー!」と憧れておりました。
rimixさんの弾かれるこの曲、ギターがむせび泣いているようで、涼しくなった夜に聴くとしみます
表現力に憧れました いつかは私も…って(ヾノ・∀・`)ムリムリ
MIKI
2012/09/23 22:44
ひょいさん
コメントありがとうございます。

褒めてもらえて嬉しいです。(^^♪

やっぱりレコードはマイナーですね。
店の方でも知らない所多かったのかな?
今は教本に付いてきますもんね。
いい時代ですよね。
rimix
2012/09/24 18:26
MIKIさん
コメントありがとうございます。

そううなんですよ、ゴルッテリアさんの心遣い本当嬉しいです。優しい方ですね。
返事まで言っていただき、MIKIさんもお気遣いありがとうございます。

BECK先生のファンでしたか、彼はカッコイイですもんね。
若く見えるし…
いつか挑戦してみてはいかがでしょうか?
リッチー先生とは違った魅力がありますよ?
rimix
2012/09/24 18:40
今度はベック先生ですか。rimixさんのセンスの良さに感動しました。もちろん演奏にも(笑)。
タメ、音程ともに完璧じゃないでしょうか。
小林克己さん、懐かしいですね。私もこのLP持っていたような気がします。ジャケットは覚えていませんが、LPレコードバックに練習したような…
スゴイ早弾きや難しいテクも出てこないので、簡単じゃんなんて思っていた当時の私は無知過ぎました。この曲のようなニュアンスを再現しないとイタイことになる曲が、実は一番難しいんですよね。その点をrimixさんはちゃんと分かっていらっしゃるようです。
ヤングギターに載っていた小林先生の特集記事でスモークオンザウォーターを練習したのを、rimixさんの記事を読んで思い出しました(笑)。
Joe
URL
2012/09/24 23:27
先日初めてオケつくってみて、大変だということがよくわかりました。ちゃんと作るためには、かなりの時間が必要そうです^^;
ギター雰囲気出てますよお、良い音ですね。
ぶり
URL
2012/09/24 23:28
こういうレコードがあったんですね。
テンポを落としたオケなんて、今みたいに簡単にできませんからね。

哀しみの恋人達、私も練習したことがあります。
メインテーマの部分のみですが。
あのピッキングのニュアンスがどうやっても出せませんでした。
JEFF BECKってホントに凄いんだなって実感しました。

音源、さすがですよ。
私にはできなかった、ピッキングのあのニュアンスがしっかりと出ていますよ!
TURKU
URL
2012/09/25 00:35
Joeさん
コメントありがとうございます。

Joeさんも持ってたんですか?
高校時覚えた事もあり身体が覚えてました。
自分でビックリです、それで録音してみました。
高校時はもっと酷い演奏だったと思いますけど…。
大人の曲じゃないでしょうか…(笑)
rimix
2012/09/25 18:13
ぶりさん
コメントありがとうございます。

オケ作ったんですか?
じゃ〜いつかUPですね?
楽しみにしてます。(^^♪
rimix
2012/09/25 18:20
TURKUさん
コメントありがとうございます。

TURKUさんも練習されましたか?(^^)
ピッキングニュアンス褒めてくださりありがとうございます。強弱を出すため、エフェクターの調整に時間を使いました。もう少し似せたかった…です。(T_T)
rimix
2012/09/25 18:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
<哀しみの恋人達>オケ制作の原点 ロックギターはやめられない!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる