ロックギターはやめられない!

アクセスカウンタ

zoom RSS JEFF BECK の想いで。。。

<<   作成日時 : 2017/05/27 18:25   >>

トラックバック 0 / コメント 4

禁断の Blue Wind に手を掛けたので、 JEFF BECK の話なんぞを。

初めてBECK先生を聞いたのが、中3だった。

数度ブログに登場!同じ歳の従兄弟、週末は遊びに行ってた。
赤ん坊の時からの縁ですからね〜

小学校は違えど、中学は一緒。。。 (近いと言えば近い)
KISSを聞き始めてから、しょっちゅう遊びに行ったもんです。

彼には5歳(?)上の兄が居ましてね。

兄は、オーディオ(当時はバラコン)を揃えたばかりで、ロックの入門者。
当時話題の洋楽レコードを次から次と入手。

で、 リリースされたばかりだった Live Wier を買って来たので、聞かせていただいた。
当時の rimix 少年はKISSに夢中だったので、理解が難しかったっけ…。

毎週末2枚位レコードを買って来ましてね〜
社会人って、お金持ち〜!と、思ったものです。

日曜日は、レコード鑑賞だったな〜。 (これが目当てで通ったのかも?)

Live Wier の次の週には、WIERDを買ってきて、私も聴く事が出来たんですね。
で、その中で「Blue Wind」は、断トツ印象に残った曲だった。

物静かに始まるイントロ、シンセのビロロロピラピ〜が入り、軽快なリズム、キャッチーなメロ。
覚えやすい曲でしたね〜

そんな事もあり、JEFF BECK で最初に気に入った曲が「Blue Wind」と言う訳です。

ちなみに、WIERD と一緒に買ってきたレコードは、Blow by Blow 。

華やかな WIERD と比べると Blow by Blow は地味に聞こえてしまい、
当時の rimix 少年には、つまらなく感じたのでありました…

後に、「哀しみの恋人たち」をコピーしてから聴き始めたんだった。。。
この記事>に紹介した、教材を先に聞いて、本物を聴かねば!と…

話がそれてしまった。

左から聞いた順だけど、兄はそのままJ/BECK Group 迄遡って揃えたと記憶にある。
画像


rimix少年も洋楽を数多く聴きたい!全部カセットテープに録音したいと思うも、
カセットテープも安易に手に入らないので、WIERD を録音し持ち帰ることに。

持参したカセットテープにチョット収まらず、何かをカットしなくてはならん状況。

レコードを聴いた方はご存知だと思うのですが、曲間が溝で見えるのよね。

少しでも音源を持ち帰りたい rimix 少年は、幅の少ない(短い曲)所をカットしたかった。

B面 Blue Wind の次にそれは存在した。

そこを抜いて、完成。\(^o^)/

持ち帰り、家でリピート(今で言うヘビーローテーション)するのでありました。


その後、従兄弟の家に遊びに行った時、兄の部屋では大音量で WIERD が鳴っていた。

B面になって、あれ?なんか変。

知ってる曲なのに、違う曲様な気がする。。。
「この曲は録音したはずなのにな〜???」

実は! Sophie(ソフィー)と言う曲中で、一度静かになるところがあって、
短い1曲をカットしたつもりが、曲の前半をカットしてたのね〜 \(//∇//)\

話題の Sophie です。(ネットより拝借)

3分辺りで、一度静かになるでしょ?
レコードの溝が薄くなって曲間と勘違いしたのよね〜(笑)

曲の後半ばかり聞いてたと言う、おバカな話でした。

その後 WIERD の LP を買いましたとさ。


話変わって、WIERD は当時の音楽雑誌で、音の評価が凄かった。

サウンド的に、オーディオの雑誌にも載ったくらいだったのよ。

なので、冒頭で禁断の… と。

いや〜懐かしいですね〜 自分で書いといて。 (-_-)

KISS の次に Jeff Beck を聴いたという、異色の経歴をたどったrimix 少年の話でした。




よろしかったら、ポチしてやってください。 _(_^_)_
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
3つ上の従兄がいるのですが遠くに住んでたので
残念ながらそういう交流はなかったです。
中学の時は、同級生のお兄さんが
中古のレコードを安く譲ってくれまして、
有り難い存在でしたが、ある意味その人のおかげで
どっぷりハマったというか。
「Machine Head」を1000円で譲ってくれたおかげで
現在に至るまで、あれやこれやと。。。
片面23分に入れないと! 60分テープを使っちゃうと
は無音部分がもったいないって思いましたね(笑
秀幻生
URL
2017/05/28 21:30
秀幻生さん、コメントありがとうございます。

私は恵まれた環境だったんですかね〜
お陰でどっぷりハマってますけど…(笑)
今もロックを主に聴いてるのは、私ぐらいです。

テープは時間ピッタリにならないから、苦労しましたよね〜無音部分は時間的にも、テープ的にももったいなかったので、なるべく余さないようにしました…
結果が記事ですけど…(笑)
rimix
2017/05/29 20:58
KISSの次がジェフベックって、確かに異色の経歴ですね〜。
自分はKISSの次がDパープルという、よくあるパターンでした(笑)。

ベック先生を初めてちゃんと聞いたのは、確か”There and Back”からだと思います。
あのアルバムは衝撃でしたね〜。そこから古いアルバムに遡っていったと記憶してます。

確かにベック先生は、色んな意味で”禁断”って感じですわな(笑)。
Joe
URL
2017/05/30 11:07
Joeさん、コメントありがとうございます。

Joeさんは、”There and Back”からでしたか。
WIERD より、格段進化して新しいと感じましたね。
当時流行のシンセをバックにBeck節が炸裂って感じだった事が思い起こされましたよ。

仰る通り、禁断の世界ですよね。(^^ゞ
rimix
2017/05/31 20:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JEFF BECK の想いで。。。 ロックギターはやめられない!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる