ロックギターはやめられない!

アクセスカウンタ

zoom RSS 3.11からもうすぐ4年。

<<   作成日時 : 2015/03/08 20:52   >>

トラックバック 0 / コメント 14

当事者も忘れかけてる「東日本大震災」。

TVでも連日取り上げられるのは、良いことだと思います。
忘れないよう続けて欲しいですね。

今、を放送してくれるのはよいですが、過去の津波の映像はもういいかな。
その経験をした方々は、せっかく薄れてきた恐怖と悲しみが、戻る可能性があると思います。

去年、取り上げた「この記事」には、いろいろな体験談・意見等いただきまして、非常にありがたかったです。
暖かいコメントで、心が和みました。

前回の続きを記したいと思います。

電気・水道断、水で苦労したところで、話は終わってました。

この水ですが、一番は飲み水ではなく トイレ です。
数日間断水でしたので、水洗トイレはこんな時苦労します。

汚い話ですが、小はまだしも大が問題。
風呂の水を使いましたが、流す量をケチると、途中詰まってしまうと考えまして…
当然、すぐ無くなりました。

そこで、近くの川へ(歩いて2〜3分)水汲みに行ったのですが、これがまた重労働。
飲み水なら少量で済むのに、トイレ用となると結構な量です。

画像

こんな感じの小川です。

当然ですが、水を入れて重くなったバケツを持って上らなければなりません。
家族総出でバケツを使い、2度程往復すると、もうヘトヘト。やっと風呂の半分強…

いかに、便利な生活をしているのかを、しみじみ感じました。

昔の汲み取り式トイレ通称「便所」を、思い出したのは私だけなのでしょうか?
不便で不衛生だけど、流す心配がないので恋しかったです。(笑)

飲み水の方は、近くに昔からの共同?湧水まで自転車で…
親父は知ってたけど、私は初めて知りました。
それを、煮沸して使ってました。

また、給水車も小学校に来てくれたので、特に困った感じはしなかったかな〜?
不便ではあったけど。

広報車が、何処々で給水車が…と情報をくれるが、そこは離れていて車を使うことになる。
しかし、ガソリンがない。




ついでに情けない話をも思い出す。
ご飯(銀シャリ)を食べようと思っても、電気が来てないので炊飯器が使えない。
レンジでできるパックがあったが、やはり電気…

小学校で炊き出しもあったが…しょっぱいおにぎり!
高血圧になっちゃうよ〜

そこで母が、鍋でご飯を炊いた。
そうか〜忘れてた。

画像

昔は、こんな感じのお釜があり、炭火で炊いてたのだ。

小学校の頃?だったか我が家にも電気炊飯器がやってきまして…(ジャー機能なし)

それ以来、ご飯は電気で炊くものと、思い込んでしまっていた。

アウトドア派の方は、飯盒を使ったりして、こんな思い込みはないのでしょうね。

震災の様な事が起きた場合、アウトドアの経験はかなり有効ではないでしょうか。

と、今回はこの辺で…
多大な被害を受けた地域の早期復興をお祈りいたします。


応援のクリックで元気を下さい。_(_^_)_
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
あれから3年・・・なんてコメントしてから早1年ですか。
この1年は早かったですねぇ。
rimixさんにも、そんなご苦労があったのですね。

アウトドアグッズ、有効ですよね。
トロントは地震はないですけど停電とか結構あるので、
我が家も、携帯ガスコンロを常備してます。

お年寄りの知恵もバカになりませんよね。
ウチの両親もやたら買いだめするクセがあって無駄だよなぁと思ってたのですが、
震災後の混乱時には、そのストック量がとても心強かったです。
それから自分も買いだめする傾向が・・・(^_^;)
Joe
URL
2015/03/09 01:14
もう4年もたつのですね。 我が家では息子が住んでいる所が被害が大きくて2週間ほど、停電、断水の被害がありました。 息子から物資も持って来てくれとの連絡がありすぐにでも行きたかったのですが、ガソリンはない、物資もそろわない本当に大変でした。 忘れかけていた教訓、思い出すのは重要ですね。
ゴルッテリア
2015/03/09 10:16
NHKはずっと鈴木京香さんが「忘れない」という短いコーナーを続けていて良心的な放送局だと思います。震災の時、私は海外にいたのでそのショックを同時には経験していなかったのですが、3年以上たって帰国した後、いろいろ報道を見ることが増え今更ながらいろいろ考えることがあります。やはり今もなお困難な生活を続けたり、大切な人を失った人の傷が癒えることがないということを皆が忘れないことが大切ですね。20年経った阪神淡路大震災では身内も被害を受けたのですが、こちらは更に風化してしまっていますし。
バルサ
2015/03/09 18:06
Joeさん、コメントありがとうございます。

ホントですね、もう一年です。
早かったな〜

はい、苦労しました!(笑)
でも、近所の皆様も同じ様な事をしてたので、仕方がないですよね。

あの時はアウトドアグッズがあればな〜と思いましたよ。
携帯ガスコンロは有効ですね、もしもの時活躍しそうです。

年寄りは、戦後の物資が無い時代を生きてきたので、それが染み付いているのでしょうね〜
いや〜頼もしかったです…と言うか、私が情けない。
すっかり電気に依存してました。(ToT)
備えあれば…ですよね。
rimix
2015/03/09 22:36
ゴルッテリアさん、コメントありがとうございます。

息子さんも被害に遭われたんですよね。
ガソリンの流通が止まったのは痛かったですね。
身動きが取れず、じっと耐える事しかできませんでした。
息子さんも、心細かったでしょうね。
rimix
2015/03/09 22:36
バルサさん、コメントありがとうございます。

そんな番組を続けてたのですね?
NHKでなければ、出来ない番組ですよね〜
あの経験は、凄かったです。
でも、経験しないで済むならそのほうが良いかと…(^^ゞ
阪神淡路大震災は、もう20年ですもんね。
まだ、報道があるので今後も続けて欲しいですよね。
今では、私も薄れてきてますが、物が落ちて傷ついた床、揺れで裂けた壁紙を見るたび思い出すのですが、恐怖心は薄れてしまいました。
こんな事でいいのだろうか…私は。
rimix
2015/03/09 22:36
もう4年、まだ4年…
年月はたっても復興には程遠いところが多いと想像します。
阪神大震災のときは、私も水汲み行きましたっけ。
バスタブにそこそこたまったときは、少しホッとしました。
炭!なるほど、優秀な燃料ですねぇ
日本中、どこに住んでいても大地震がありえるように思いますので、
万が一のこと、頭の隅においておきたいのですが、どうしても
毎日の暮らしのなかにまぎれてしまいます。
MIKI
2015/03/10 12:27
MIKIさん、コメントありがとうございます。

阪神淡路大震災の日にちもTVでやってますよね。
あの時、TVを見て映画をやってるのかと思いました。
MIKIさんも大変でしたね。
昔からある燃料は、他のエネルギーを必要としないので、優秀ですよね。温暖化は別として…(^^ゞ
今後、関東で大きな地震を予想してますね。
毎日の生活は大事ですが、万が一の事も想定してたほうが良さそうです。
宮城県沖の地震は想定してたのですが、まさかこんなことになるとは…
まさに想定外が起こってしまいました。
自然には、人間ってちっぽけなんでしょうね。
rimix
2015/03/10 20:26
また1年経ちましたか。
早いですね。
仕事に追われてばかりの毎日だと嘆いてばかりいますが、
水や食料の心配無く自宅で暮らせるのは充分幸せな事なんですよね。
改めて思い知らせれます。
でも幸せなだけにもしもの時の為の準備が未だ出来ずにいます。
まだまだ他人事に思ってしまってるんですよね、きっと…
みにみに
URL
2015/03/11 12:35
こんばんは〜

1年前、私もコメントしていたんですね〜。
今日で丁度4年目ですか。ん〜もうそんなに月日が・・
私は、人の喜怒哀楽というものは、良きにしろ悪しきにしろ必ず時間と距離が解決してくれるものだと信じています。
胸を焦がした苦しい経験も、大切な人を亡くした断腸の思いも、あんなに楽しかった仲間たちとの想い出もです(^^;)
中々復興しない被災地のインフラ整備や物流、戻って来ない、来れない人々、未だ解決できない原発のあれこれ、そして将来のビジョン。
ニュースではこのようなことが様々に言われ、評論されていますが、
私は被災してしまった人々は必ずや以前の生活を取り戻すのだと思っていますし、願って止みません。
rimixさん、真剣に3.11を想いご自分のこととして捉えているブロ友さん達に囲まれている貴方が羨ましいです(^^)

って、もっとコメントしたいですが語りすぎてしまいました(^^;)

   では〜
KageG
2015/03/11 20:59
みにみにさん、コメントありがとうございます。

何もしないうちにまた一年が…
こうやって歳をとっていくのでしょうね。(笑)
何もない平和な生活が、幸せなのでしょうね。
今後東海方面での地震が懸念されてます。
その時生き延びれば、何とかなると思いますが、用心に越したことはありません。
ちょっとした備蓄をされた方が、安心ですよ。
rimix
2015/03/11 21:28
KageGさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

もう一年以上コメント頂いております。
早いですね〜
私も、時間が解決してくれると信じてます。
思い出って、キレイになっちゃうんですよね。
ただ、苦い経験はいつまで経っても、覚えてるもんです。
未だに避難生活者が23万人だそうで、私は恵まれている方なんでしょうね。(忘れかけてるし…)
3.11で、ブロ友を亡くされた方もいらっしゃいます。
ブロ友同士で集まってピックを備えたとか…
私も備えて欲しいです。。。
私は、3.11を過ぎてからのブログ開始ですので、震災に遭ったことで、発信する気も起きたのだと思います。
良いブロ友さんに巡り会えたと思ってますよ。
今後共、お付き合いくだされば嬉しいです。
rimix
2015/03/11 21:40
確実に時は過ぎてるんですね。それもとっても速いスピードで。
最近友達のフェイスブックに蛭子さんのコメントが上がってて、それは「みんなが復興に頑張ってるからって自分もって頑張らなくてもいいんだ」みたいなことだったように思います。人それぞれの気持ちがありますものね。
震災や争いの多いこの世の中で、ギターを弾いたり愛する人との時間を過ごしたり、そういう時間を過ごせるのどれだけ貴重なことなのか改めて考えさせられます。
Sayo
URL
2015/03/20 22:59
Sayoさん、コメントありがとうございます。

返信遅くなり、申し訳ございません。
時は、歳を取ると早いですよね。…(なんか失礼な感じ…)
蛭子さんがそんな事言ってたんですか。
頑張ってもどうしようも無い事もあるし、そう、その人に任せるしかないですよね〜
趣味に時間を費やせるのって、貴重ですね。
やはり、今!が大切ですね。
rimix
2015/03/30 20:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3.11からもうすぐ4年。 ロックギターはやめられない!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる